安全面はどうなのか | 効果のある犬のフィラリア予防ならパノラミスを使うのが一番です

効果のある犬のフィラリア予防ならパノラミスを使うのが一番です

安全面はどうなのか

さらに入った薬

高い予防効果を発揮して、ペットのフィラリアと同時にノミやマダニ、腸管内寄生虫も駆除してくれるパノラミスですが、安全性が気になる人も多いと思います。
効果が高いということはそれだけ強い薬ということになるので、飼っている犬に与えるのに不安を感じる……そんな飼い主もいるのではないでしょうか。
犬などの動物は人間よりも薬の影響を強く受けてしまうこともあるので、できるなら安全性が高い予防薬でフィラリアやノミ、マダニなどを予防していきたいですよね。

パノラミスは日本では比較的新しいペットの予防薬なのですが、海外では既に販売実績がある予防薬です。
2011年にアメリカで承認されたあと、ヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランド、カナダなど、世界各国でパノラミスは販売されています。
つまり、それだけ長い販売実績があるということになり、問題がなく安心して使うことができる薬ということになりますよね。
日本でも多くの飼い主に注目されているパノラミスは安全性が高く作られているだけでなく、信頼もあるフィラリア予防薬の一つなのです。

そんなパノラミスですが、医薬品の一つなので副作用が出る場合もあります。
パノラミスの副作用は主に嘔吐や下痢、無気力、心因性の痒みなどで、パノラミスを犬に飲ませたらこのような副作用が出る場合もあることは覚えておきましょう。
無気力や心因性の痒みは一過性の症状なので、時間の経過と共に落ち着きますので安心してくださいね。